スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオニクル世界の惑星の解説をちょこーっと。

どもどもー。
久しぶりのまともな更新だよー☆
みんな覚えてるー?♥︎
ブログの管理人、むに子ちゃんだよー☆
よっろしくー☆
解体してもなにも出ないよー☆

さてさて。まずは我々ニクラーが非常に喜んだニュースがありますねぇ。

バイオニクル、2015年に復活!

聞いたときは驚きましたー。
なんかヒロファクがアメリカで売れなかったみたいだね。

僕ははHF終わるのはちょーっとさみしいかなーとか思ったり。

ストーリーは旧ニクルと繋がるのか不明というか可能性希薄というか…全く別ストーリーがはじまるかもしれないということです。

でも!もしかしたら!ストーリー繋がるかもしれないじゃないの!

ということでイマイチ世界観とか設定がわからない!という方にわかってもらい少しでも売り上げに貢献できるように端折って端折ってバイオニクルの用語やストーリー展開をかるーく解説していこーかなーと思いまーす。

注意!
※あまり無いと思いますが非常に細かいことは省きます。
※もしかしたら本来の知識と間違った部分があるかもしれません。そのときはご指摘お願いします。
※記事で「ここよくわからん!」というとこもご指摘してくれると助かります。


では今回はバイオニクルの世界にある「惑星」ついて少しお話ししようと思います。


バイオニクルではまず3つの星が出てきます。

バラ・マグナ、アクア・マグナ、ボタ・マグナです。

これらは元々一つのスフェリアス・マグナという惑星でした。


ここには偉大なる者達(バイオニクル世界での神みたいなもん)やグラトリアンとアゴリが住んでいました。

しかし突如スフェリアス・マグナのとある地表に銀色の液体が吹き出してきます。

これに触れた者は全員、死にました。

この物体はのちにトーアマタをトーアヌーバに変化させることとなる生きた金属、エネルギープロトデルミスでした。

Eプロトデルミスは触った者を変化、進化させる、もしくは殺害するという性質を持っています。何を基準に殺してるのかはわかりません…とりあえずこのときスフェリアスマグナに住んでた人が触ったら死んだらしいです。

さらにさらにこのEプロトデルミスはスフェリアスマグナを少しずつ壊している事実が判明。

これはヤバイと偉大なる者達はこれを無力化する研究をします。
そして無力化に成功しました(これが普通のプロトデルミス)

この無力化したどんどん湧き出す液体金属をどうにか使い切らないといけない。

「じゃあ超デカイロボ作ってついでに惑星の外観測させよーぜ」で完成したのが、マタ・ヌイです。



このロボほんとにデカくて、中に生き物が住める世界があります。

そしてマタヌイは宇宙へ旅立ちます。

しかーし。時すでに遅し。

スフェリアス・マグナは3つに分断されてしまいました…

こうして一番大きい真ん中の惑星がバラ・マグナ、その衛星としてアクア・マグナとボタ・マグナが生まれました。

バイオニクルのグラトリアン編までのストーリーは衛星アクア・マグナでの出来事になります。これはまた次の記事にて。

今回はこの辺りでいったん区切りますー




いかがでしたでしょうか…わかりにくいとかあったら申し訳ないです…久々にこんなに文章打ちました…

最後まで読んでいただき感謝です。

また次の機会に!ではでは。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しょうげきはむに子。

Author:しょうげきはむに子。
どうも。shockwave625、衝撃波むに子、Muniko、しょーげきはむに子です
Twitter
@sh0ckwave6_2_5

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。