「なぜアクア・マグナが舞台なの?」

うぃーす。

んじゃ早速書いてくね。

前回は惑星について話したから次の次はそこにある島のことを書いてくよ。

島の話をする前に前回区切ったなぜ衛星アクアマグナが話の舞台になっているかということを説明します。

ご存じの通りマタヌイは偉大なる者に作られた巨大ロボットなんです。

このロボットの中にあるのが、マトラン・ユニバースという世界です。

メトロ・ヌイ、ボヤ・ヌイ、カーダ・ヌイなどニクルストーリーの舞台となる場所のほとんどがこのマトランユニバースに存在しています。

偉大なる者はここにマトランという住民を創造し、生活させます。

このマトラン実はただ住んでるだけでなく非常に重要で彼らが活動をやめてしまうとマタヌイの活動も弱まってしまいます。
これを頭に入れて置いてください。

話は変わりますがここでバイオニクル世界の組織について解説をします。

大きく3つほど組織はあり、
オーダー・オブ・マタヌイ
ブラザーフット・オブ・マクータ
ダークハンター
があります。

オーダーオブマタヌイ(以下、オーダー)はマタヌイの意思を受け取り、彼のために影で働く秘密結社のようなものです。

オーダーは密かに活動し、ユニバース内の均衡を保ってきました。

主なメンバーは最初期に生まれた水のトーア、ヘルリクスをはじめ、アクソンやブルタカ、ヒドラクソンも所属しています。

次にブラザーフットオブマクータ(以下、ブラザーフット)です。

ブラザーフットは名前に入ってるように、マクータ族の組織です。

マクータ族はマタヌイに従えるためにマタヌイによって生み出された100人の種族です。

マクータ族は非常に強力な様々な能力を全員が持っていて、「ユニバース内の平和を保つ」、「ラヒを生み出してユニバースを豊かにする」の二つの目的を持っていました。

最後にダークハンターです。

簡単に言うと、報酬で動く傭兵集団です。

こいつらはリーダー、「ザ・シャドウド・ワン」によって設立されたバイオニクル世界のヤクザみたいなものです。
一度入ったらほぼ逃げられませんw

基本的にワルばっかです。

ニディーキとクレッカはここの所属でした。
さらにピラカもダークハンターに所属していた過去があります。






今回の島々の話ではブラザーフットが多く出てきます。

メトロヌイでの出来事の前に、ブラザーフットと「六王国」という組織が戦争をしたんです。

六王国はマタヌイがマクータ族を作ったあと新たに創造した6つの種族を作りそれぞれの種族に国を作らせて同盟を結ばせたものです。

しかしこの六王国はマタヌイに反逆し、彼を眠らせてユニバースを征服しようとします。

征服を止めるためにブラザーフットの優秀な戦士、テリダックスは六王国が攻撃をしかけてくる前に軍隊を率いて六王国を叩き潰します。

そして六王国のリーダー6人を捕らえ、処刑しようとするんですが、その中の一人がこう言います。
「俺たちと協力しよう。六王国の軍隊を全てお前にやる。マタヌイを倒して世界を征服するんだ…」

しかしテリダックスはこの交渉に応じず処刑しようとするのですが、この6人はボターという人物によって処刑寸前に海底にある監獄、ザ・ピットにテレポートさせられます。

ここであっと思った方も多いと思いますがこの6人はのちにバラッキと呼ばれることとなる6人なんです。

それはさておき。

この出来事のあとからテリダックスの頭からマタヌイを倒して世界征服しようという言葉が頭から離れませんでした。

そしてついに欲望を抑えきれなくなった彼はそれを実行に移します。

当時のブラザーフットのリーダー、ミセリックスを倒し、他のマクータ族を自分の仲間にします。

マクータ族は元々自分達は最強種族で何よりも強いという意識があったようでマタヌイを眠らせ自分達がトップに立つ計画にすぐに賛成しました。

まずマタヌイを眠らせるための第一歩としてマトラン達を隷属させはじめます。

次にテリダックスが恐れている光のマスク、「アボーキー」を盗み出し隠そうとします。

ですがこの計画がエリートトーアチームであるトーア・ハガーにバレてしまいハガーはブラザーフットと戦うことを決意、テリダックスは倒され逃げざるを得なくなりハガーはアボーキーを取り返し、隠す計画は失敗します。

ただこのあと、ブラザーフットに協力していたルーダカによりハガーはラハガへと姿を変えられてアボーキーはテリダックスの思惑通り隠されてしまいます。

マトランは捕らえたし邪魔するトーアもいなくなった。

こうしてブラザーフットはマタヌイをウイルスによって眠らせることに成功します。

眠ったマタヌイはどうなるか。

巨大ロボットは活動を停止し、アクア・マグナに不時着してしまいます。
(この時起こった大災害、「グレートカタクリズム」により多数の死者が出ます)

アクアマグナに不時着したあとマタヌイにあった島々は次々にアクアマグナの海上に姿を現しはじめます。

最後にマタヌイのカモフラージュシステムによって巨大ロボットの頭の表明を隠すように島が形成され、マタヌイ島となります。

こんな経緯があり、バイオニクルのグラトリアン編までのストーリーの舞台はアクア・マグナとなりました。

今回は画像も何も無く見苦しい文章だと思います…あとから画像追加するかもしれません。

ではこのへんで。次回は島々の解説をします。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しょうげきはむに子。

Author:しょうげきはむに子。
どうも。shockwave625、衝撃波むに子、Muniko、しょーげきはむに子です
Twitter
@sh0ckwave6_2_5

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる